四日市看護医療大学

受験生応援サイト

看護・医療と向き合う 先輩たち

在学生メッセージ

患者さんやご家族、ともに医療を支える他職種からも
信頼される看護師・保健師をめざしています。

看護学科 4年 世古 琳華さん
三重県・上野高校出身

大学の魅力
相談しやすい環境です。アドバイザー制度があり、先生方が手厚くサポートしてくれるので、充実した大学生活を送ることができます。
将来の目標
看護師としての経験を活かし、ゆくゆくは保健師として地域住民の疾病予防や健康の保持・増進活動を行なっていきたいです。

看護師だけでなく、保健師・助産師の資格を取得でき、将来の可能性を広げられると感じこの大学を選びました。
実際に入学して感じたのは、先生方が学生に寄り添い、熱心に指導してくださることです。
1年次から4年次まで、学修面や生活面、就職活動などその都度、学生が抱えている悩みを相談することができ、経験豊富な先生方から的確なアドバイスをいただける環境です。
また、授業の疑問点は全体共有してもらえるので、自分では気づけなかった視点や学びを深めることができます。
今、興味をもって学んでいるのは、成人慢性期看護学です。生活者としての視点や患者さんの希望や価値観を他職種に伝え、サポートしていくことも看護師の重要な役割だと実感しました。今後も目標に向かって自己研鑽に努めていきたいです。

チャレンジしていること

小学生のとき、祖母から教えてもらった編み物です。バリエーションを増やして、家族やお友達にプレゼントしたいと思っています。

先生との距離が近く相談しやすい環境の中、
同じ夢をもつ仲間と協力しながら学修に励んでいます。

臨床検査学科 2年 二村 優衣さん
愛知県・名古屋女子大学高校出身

大学の魅力
さまざまな実務経験を持つ先生方から指導を受け、将来の理想像を描きながら必要な知識やスキルを高められるところです。
将来の目標
安心感を与えられるような、コミュニケーション能力のある臨床検査技師・細胞検査士になるのが、今の目標です。

新型コロナウイルス感染症をきっかけに、臨床検査技師の存在と役割を知り、めざすようになりました。 この大学を選んだ理由は、オープンキャンパスに参加した際、先生方が一人ひとりに話しかけてくれたこと、臨床検査技師と細胞検査士のダブルライセンス取得が可能なことに魅力を感じたからです。
入学して良かったと感じるのは、学修に集中できる環境が整っていることです。
先生方に質問・相談しやすい環境なので、早く解決することができ、学生ホールやサロンMIEなどの学内スペースで、友達と一緒に助け合いながら勉強しています。3年次の臨地実習は、病院や検査・健診センター、介護施設などさまざまな医療現場で3ヶ月間、知識や技術、実践力を磨くことができるので、今からとても楽しみにしています。

チャレンジしていること

英語の勉強です。外国人の方にも安心して検査を受けてもらえるような臨床検査技師をめざし、医療英語の勉強をしています。