四日市看護医療大学

受験生応援サイト つながるちからを、未来のちからに。

看護と向き合う 先輩たち

在学生メッセージ

先生方のサポートと仲間の協力で充実した学生生活を
過ごしています

3年 新居真由里三重県・神戸高校出身

大学の魅力
同じ志を持つ仲間と一緒にいることで、目標を掲げ高いモチベーションで夢に向かっていけること。
将来の目標
安心して退院できるようサポートしていく地域包括ケア病棟の看護師として活躍していきたいです。

祖母を自宅で看取ることができなかったことが心残りだった経験から、看護職を目指し始めました。本学の魅力は、先生方が親身に話を聞いてくれ、優しく、時には厳しく指導してくれるところです。2年次の基礎実習では、一人の患者さんを2週間担当しますが、知識不足で患者さんに合った看護プランが分からず悩んでいたときも、先生方が親身に寄り添いサポートしてくださり、乗り越えることができました。またサークル活動では、多くの方と知り合い自分自身にはない考え方を学び、充実した学生生活を過ごしています。3年次の実習では、成人、老年、小児、母性、精神など、分野別に学んでいけるので、それぞれの特徴を知り、将来の選択肢を広げていきたいと思っています。

チャレンジしていること

ボランティア活動です。知的発達障がいのある方々の競技会「スペシャルオリンピックス」にも参加したいです。

母のように信頼される看護師を目指し技術と知識を
高めていきたいです

3年 長屋泰地三重県・津田学園高校出身

大学の魅力
看護技術を練習する演習室が開放されているため、授業後でも仲間と予習・復習ができる環境です。
将来の目標
母のように「この人なら安心して任せられる」と思ってもらえる看護師になるのが目標です。

幼い頃から母が看護師として働く姿を見て育ったこともあり、看護職を目指すようになりました。本学を選んだ理由は、奨学金制度の条件が他校よりも良かったこと。卒業後5年間市内の所定の医療機関に勤務すれば、奨学金が免除されるので、親への負担をできるだけ減らしたいと思い志望しました。この大学の魅力は、一学年100名と小規模な大学のため、仲間意識が高いところ。また、男子学生は少ない分、強い絆があると感じています。卒業し看護師として働く先輩とは、今でも連絡を取り合い、学生時代に学ぶべきことや勉強の仕方など、アドバイスをもらっています。3年次の実習では、安全・安楽なケアを提供できるよう、さらに知識と技術を磨いていきたいです。

チャレンジしていること

看護師は援助する際、体力も必要になると思うので、ソフトボールサークルで体を鍛えています。