四日市看護医療大学

受験生応援サイト つながるちからを、未来のちからに。

四日市看護医療大学でできること

学びの特長

公私協力

四日市市、市立四日市病院、学校法人暁学園による
公私協力方式ならではの充実の教育環境を整えています。

本学は、四日市市、市立四日市病院、そして本学の設置母体である学校法人暁学園との公私協力方式によって設立された大学です。
四日市市のバックアップにより、従来の私立大学の枠組みを超えた教育環境が整っています。

国公立大学並みの学費で学べる独自の奨学金制度。

四日市市内において、看護師または助産師の業務に従事しようとする強い意志を持つ本学の学生に対し、四日市市からの支援による奨学金制度を導入。この奨学金制度を利用すると4年間授業料が貸与され、国公立大学並みの学費で学べます。また、この奨学金制度以外にも、地方自治体や病院・民間団体など、さまざまな制度があります。

本学独自の奨学金制度

  • ■四日市看護医療大学育成会 奨学金
    (看護学科のみ)

その他の奨学金制度

  • ■三重県病院事業庁助産師及び看護師修学資金
  • ■三重県保健師助産師看護師等修学資金
  • ■日本学生支援機構 ほか

市立四日市病院を中心とした実習施設を用意。

市立四日市病院をはじめとする医療機関、保健所、保健センター、介護老人保健施設、企業など、多様な実習先を確保しています。

患者さんの健康状態や気持ちを
理解したうえで最善の看護を提供する
大切さを学びました。

3年次には領域別にそれぞれの病棟実習があり、実際に入院している患者さんを受け持たせていただきます。事前の準備として、血圧や呼吸数などの基準値をノートにまとめたり、各領域で必要となる技術練習を学校の演習室で行なうなどをして臨みました。実習中は、患者さん個人に合わせた看護の大切さを学ぶと同時に、難しさも感じました。患者さんの性格や疾患に対する捉え方は一人ひとり違うため、普段の声掛けを通して気持ちを理解したうえで、最善のケアを考えるよう心がけました。コミュニケーションがうまく取れず悩んだり、知識不足から戸惑ったりすることもありましたが、本学の先生と実習先の指導者の方に相談しアドバイスを受けることで、不安も和らぎました。実習を通して学んだ「患者さんに寄り添う看護の大切さ」を忘れず、ご家族にも手を差し伸べることのできる看護師をめざして、これからも学びを深めていきたいです。

4年 杉本 あやのさん

三重県・神戸高校出身

実習時の身だしなみチェック