海外研修

アメリカの看護の「今」と、生きた英語が学べます。

photo01

本学は、アメリカのカリフォルニア州立大学ロングビーチ校との学術交流協定を締結。交流の一環として、希望者を対象に語学・看護学研修を実施しています。英語と看護学を学ぶほか、現地の学生との交流や市内の病院・老人施設なども訪問。異文化に出会うとともに、アメリカでの看護の現場も体験できる貴重な研修となっています。

海外研修プログラム

夏季休業期間の約2週間を利用し、語学力向上のほか、アメリカの看護教育、病院、施設見学等で、国際感覚の養成を目的としています。宿泊は、同校の学生寮を利用し、週末には、市内観光やビーチ散策なども楽しめます。対象は2年生、定員は30名です。

海外研修制度
海外研修レポート

3年 藏満 優

3年 藏満 優
(三重県・津田学園高校出身)

相手に合った方法で気持ちを伝える大切さを学びコミュニケーション力を磨くことができました

小学生から英会話スクールに通っていたこともあり、本場アメリカで自分の英語力を試したいと思い海外研修に参加しました。日々の授業や施設見学では、日本とアメリカの看護師の役割や環境の違いを学ぶことができました。また、休日も現地の学生と医療単語を使ったゲームをしたり、一緒に参加した仲間とスーパーなどへ買い物に行く中で英語力を磨くことができたと思います。今回の研修で学んだ、周囲と協力し合い問題を解決していくことの大切さや、相手に理解してもらえるよう伝え方を工夫した経験は、将来へ活かせる貴重なものでした。ぜひ皆さんも参加してほしいと思います。