四日市看護医療大学

受験生応援サイト つながるちからを、未来のちからに。

四日市看護医療大学でできること

臨床検査学科

臨床検査技師』と『細胞検査士』の同時取得が可能です。

2020年4月、新たに「臨床検査学科(仮称)」を開設予定。
中部地方の4年制大学として初めて、文部科学者へ臨床検査技師学校養成所の指定(※)申請を計画しています。
さらに、中部地方発の「細胞検査士」養成コース(選抜制・認定申請予定)を設置し、「臨床検査技師」と「細胞検査士」のダブルライセンス取得も可能になります。

「細胞検査士」認定試験受験資格が在学中に取得できます!
(選抜制・認定申請予定)

細胞検査士の受験資格を取得するためには、臨床検査技師の国家試験に合格した後、病院などで1年以上の実務経験を積むか、大学などで専門教育を受ける必要があります。在学中にこの受験資格が取得できる大学は全国でもまだまだ数少ないですが、その数は少しずつ増えてきています。「臨床検査技師」の上位資格である「細胞検査士」の資格を早くに取得することで業務の幅が広がり、医療に関わる専門職としてのキャリアアップにもつながる可能性が高まります。

臨床検査学科で広がる進路の可能性

臨床検査技師

病院の検査センターなどで、病気の診断や治療の効果を知るためにさまざまな検査をする仕事です。大きく分けて、患者さんの血液や尿などから生体微量成分や細菌、ウイルスなどを調べて病気の原因を探ったり、輸血のための血液型検査や、遺伝子を調べてDNAの異常を検出したりする「検体検査」と、心電図や脳波など患者さんの身体の表面や内部の器官からデータを採る「生理機能検査(生体検査)」の2つの検査を行ないます。
検体検査
  • 微生物学的検査
  • 血液学的検査
  • 生化学的検査
  • 遺伝子・染色体検査 など
生理機能検査(生体検査)
  • 超音波検査
  • 心電図(循環器系)検査
  • 脳波検査
  • 呼吸機能検査 など

細胞検査士

全国でまだ9大学しかない
「細胞検査士」養成コースを
中部地方で初めて開設!
(選抜制・認定申請予定)
細胞検査士は、がんなど早期発見が望まれる疾患について、細胞レベルの検査を通して「がん細胞」を探し出す医療のスペシャリストです。受験資格を取得するためには、臨床検査技師の国家試験に合格後、病院などで細胞診業務に1年以上勤務するか、大学などで専門教育を受ける必要がありますが、四日市看護医療大学では、在学中に受験資格を得られる「細胞検査士」養成コースを開設する予定です。(選抜制・認定申請予定)
※臨床検査技師の国家試験受験資格取得をめざせる学校は、文部科学大臣が指定する臨床検査技師教育に特化した教育課程を修める「指定校」と、厚生労働大臣が指定する衛生検査に関わる12科目と生理学的検査および採血に関わる5科目を修める「承認校」の2種類があります。
履修科目・単位
臨地実習
指定校
臨床検査技師学校養成所
指定規則で定められている
10単位(約3カ月)しっかりと実習
承認校
最小限の必須科目と大学独自のカリキュラム
指定がないため1単位(1週間)の大学も
4年制大学の「指定校」は、全国で5校だけ。(平成30年11月現在)
四日市看護医療大学は、中部地方で初となります!(申請計画中)
学科の特色
Point
01
看護学科と連携し、看護・介護技術を併せもった臨床検査技師を養成します。
臨床検査技師の業務拡大によって、さまざまな検体採取が必要となり、病棟に臨床検査技師を配属する医療機関が増えてきています。今後は在宅医療分野でも活躍が期待され、患者さんと接する機会がますます多くなるなか、本学科では併設の看護学科との連携により、看護・介護技術を併せもった臨床検査技師を養成します。
Point
02
幅広い知識と高度な専門技術を修得できます。
本学科では、幅広い知識や高度な専門技術をもった臨床検査技師を育成します。たとえば臨床検査値の変化や疾患治癒に、栄養面が重要な役割を果たしていることを踏まえ、「栄養学」「食品学」の科目を設置。院内NST(栄養サポートチーム)や、地域包括医療の栄養指導に貢献できる臨床検査技師を養成します。ほかにも先端医療や遺伝子検査、細胞培養技術など次世代医療に関する科目や、音楽療法など在宅医療に役立つ科目も設けます。(いずれも選択科目)
Point
03
コミュニケーション能力が高く、「現場に強い」臨床検査技師を育成します。
本学科では、IPE(多職種連携教育)にも力を入れ、臨床検査技師として現場をよく知る教員や、医師、薬剤師、看護学科の教員も指導にあたります。授業では1年次から医療コミュニケーション教育を導入のほか、学生による地域健康イベントも開催予定。看護学科との共通科目も多く、チーム医療に必要な力やコミュニケーション能力を養えます。さらに、より充実した臨地実習となるよう実習前に総合演習も実施。「現場に強い」臨床検査技師を育成します。
Point
04
充実した国家試験対策やキャリア支援講座も開講します。
国家試験に向けた教育を、模擬試験形式で1年次から実施します。また、就職に役立つキャリア支援講座も開講するなど、強力なサポート体制を整えます。
Point
05
社会で即戦力となれるよう、他校に類を見ない豊富な臨地実習時間を確保します。
本学科では、社会に出て即戦力となれるよう、臨地実習をより重視したカリキュラムを導入。臨床検査センターや健診センター、介護施設など、豊富な実習先を確保し、多種多様な施設で約3カ月の実習を行なう予定です。さらに、臨床検査技師に必要な技術について医療現場を想定して行なう試験「OSCE(オスキー)」も実施するなど、質・量ともに充実した臨地実習環境を整えています。
卒業後の進路
臨床検査技師・細胞検査士として、病院などの医療機関はもちろん、幅広い分野での活躍が期待されています。
■医療機器メーカー
検査に必要な各種医療機器の開発や安全管理、保守点検・試料の品質管理などを行ないます。
■病院
高度な医療を行なう病院から、救急医療、地域に根ざした病院まで、さまざまな病院で活躍しています。
■臨床検査センター
地域の健診(検診)センターや開業医からの検体を分析。病院では対応できない特殊な臨床検査も行ないます。
■クリニック
医療機関の機能に応じた知識と技術を身につけ、各種の臨床検査を担当しています。
■健診(検診)センター
病気の早期発見や健康管理に不可欠な臨床検査を行ない、国民の健康に大きく貢献しています。
■臨床研究コーディネーター(CRC)
臨床研究や新薬の治験(効果を確認する臨床試験)の信頼性を保証するために試験の手順や正当性などの確認を行ないます。
■大学院への進学
より高度な知識と技術を学びたい人には、大学院への進学という道もあります。

学科の概要(予定)

  • 開設時期:2020年4月
  • 開設場所:三重県四日市市萱生町1200
  • 入学定員:50名(収容定員:200名)
  • 取得学位:学士(臨床検査学)
◎取得資格:
臨床検査技師国家試験受験資格、細胞検査士認定試験受験資格(細胞検査士養成コースは選抜制・認定申請予定)、健康食品管理士、中級・上級バイオ技術者、遺伝子分析科学認定士、医用質量分析認定士 など
◎初年次納付金:
入学金20万円、授業料96万円、教育充実費53万円(計169万円)
※別途、諸会費25,500円が必要。

※設置認可申請中のため、今後、名称・内容・定員などは変更する場合があります。